数年前の執事ブーム

執事バーでのサービス


執事カフェ(外国人執事喫茶BUTLERS CAFE)はお客さまは年齢を問いませんが、執事バーとなると、そこで出される飲み物の種類から言って、未成年のお嬢様ばかりを集めるというわけにもいかないでしょう。成人して、社会で活躍するお姫様たちを、執事バーで労って差し上げるというのがコンセプトとなってきます。
アルコールが飲める年齢であれば、若い女性から高齢の方まで、執事バーで質の高いもてなしを期待できるというわけです。もちろん中には疲れすぎていて話をしたくないという人もいるでしょうし、そのサインを見て取った執事は、そのお客はそのまま静かにしておくという配慮もあります。
多くは、愚痴も含めてその日あったことなどを話したいものです。執事バーのマナーを心得た執事たちが真摯に耳を傾け、単なる相づちだけでなく、お話相手として責任を持った受け答えで、お相手を務めます。
執事という漢字から堅苦しいイメージを抱いてしまう人もいるようですが、執事バーでは、給仕はすべて礼儀正しい執事たちがお客の満足を得られるように行ってくれます。